本文へ移動

山下病院のご案内

診療科・各部門紹介

消化器内科

消化器の病気を見つけるための検査、診断と、内科的治療(お腹を切らずに治す)をするところです。

詳しく見る

消化器外科

消化器の病気を外科的に治療(手術)するところですが、現在では体に負担の少ない手術(腹腔鏡下手術)が多くなってきています。

詳しく見る

麻酔科

麻酔科は入院における検査や手術等に際し、麻酔を行うばかりでなく、安心安全に治療が受けられるよう患者さんの全身状態を観察、管理する重要な役目を担っています。また、痛みの専門家でもあります。

詳しく見る

看護部

山下病院の理念を遵守し、地域の皆様に安全・安心・信頼される看護の提供を目指します。

詳しく見る

薬剤部

薬剤部は、「くすりの専門家」として、医師や看護師、その他の部署のスタッフと共に密接な連携をとりながら、患者さんに安心・安全に検査、治療を受けていただくため、様々な業務に取り組んでいます。

詳しく見る

放射線部

主な業務は、消化管撮影、超音波検査、CT検査、乳腺撮影と、X線TVを使用した診断、治療検査に医師、看護師とともにチーム医療の一員としてたずさわっています

詳しく見る

臨床検査部

臨床検査部は、常勤医師1名、常勤臨床検査技師13名(うち内視鏡技師4名、また3名が臨床工学技士の有資格者))で構成されています。主な業務は、検体検査、生理検査、輸血管理、細菌検査、内視鏡検査です。休日・夜間は緊急呼び出しで対応しています。

詳しく見る

栄養管理・給食管理部

チーム医療の一員として、栄養管理計画に基づき、患者さんの適切な栄養管理に努め、栄養状態の改善、維持のために入院食を中心に、継続的に関わらせて頂くと同時に、患者さんやご家族に栄養相談、栄養指導を行なうこと等を致しております。

詳しく見る

リハビリテーション部

近年、がんの5年生存率は向上してきており、がんと共存していく時代になってきました。それにより、長期に渡ってがん患者さんの日常生活動作(activities of daily living:ADL)を維持・向上するために、がんリハビリテーションが注目されてきています。

詳しく見る