本文へ移動

人間ドック・健診

保健指導のご案内

特定保健指導について

特定保健指導とは

特定保健指導は、特定健診の結果でメタボリックシンドローム(メタボ)の方や、その予備軍の方を対象に生活習慣の見直しと改善を行い、 心臓病や脳卒中が発症するリスクを減らすことが目的で行われます。

*特定健診の項目は人間ドックや定期健康診断の項目に含まれていますのでこれらの健診を受診された方はもう一度受診する必要はありません

特定保健指導の対象者

特定保健指導の対象者は40歳以上75歳未満の方で、下記の2つの項目に該当する方です。

① 腹囲(お腹周り)が男性85㎝以上・女性90㎝以上の方又はBMIで25以上の方
② ①に該当する方での中で以下の項目に1つでも当てはまる方

  • 血圧
  • 空腹時血糖またはHbA1c
  • 中性脂肪またはHDL-C
  • 血圧、血糖値、脂質のいずれか1つ以上が該当している場合のみ喫煙者

*上記の基準に当てはまっていても、高血圧、糖尿病、高脂血症のいずれか1つでも治療中の方は特定保健指導の対象にはなりません。

特定保健指導の対象者の図

特定保健指導のレベル

特定保健指導には『情報提供レベル』、『動機づけ支援レベル』、『積極的支援レベル』の3つのレベルがあります。
各レベルの判定は下の図のようになります。

特定保健指導のレベルの図

※高血圧症、糖尿病、高脂血症の治療を1つでも受けている方は全員情報提供レベルになります
 65歳以上75歳未満の方は積極的支援レベルの方も動機づけ支援レベルとなります

特定保健指導の支援方法

特定保健指導はそれぞれの支援レベルに合わせた支援を行います。動機づけ支援レベル以上の保健指導は医師や保健師や管理栄養士などが行ないます。

  • 情報提供レベル:健診結果の見方や生活習慣病に関する基本的な知識など、生活習慣を見直すきっかけとなる情報提供書を健診結果と共にお渡しします。
  • 動機づけ支援レベル:初回支援として、個別指導若しくは集団指導を行い、生活習慣の改善に必要な情報やアドバイスを提供し、行動目標や行動計画を作成します。
    6か月後に指導者が評価を行います。評価は、個別支援やグループ支援だけでなく、メールや電話などの通信手段も使って行います。
  • 積極的支援レベル:動機づけ支援と同様に初回支援を行い減量目標やそれを達成するための行動目標を作成します。支援期間も動機づけ支援と同じ6ヶ月間ですが、支援期間が終わるまで定期的に電話やメール等により継続的な支援を行います。
    6か月後に指導者が評価を行ないます。評価は、個別支援やグループ支援だけでなく、メールや電話などの通信手段も使って行います。

当院での支援例

当院での特定保健指導

当院では、全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入されている方(被保険者)と支払い代行機関が支払基金となっている利用券をお持ちの方の特定保健指導を保健師が行っています。

実施日及び実施時間 完全予約制
月~金曜日:13:30~16:00 土曜日:11:00~12:00
(平日の午前中については要相談)
実施サービス 積極的支援・動機づけ支援
実施費用 原則無料
(ご加入の健康保険組合により一部自己負担の場合もあり)

※協会けんぽの方については健診当日にも特定保健指導を行っています。健診時にこちらから声をかけさせて頂きますので保健指導の予約は不要です。

詳しくは下のメールフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせの際にはお手持ちの保険証が全国健康保険協会(協会けんぽ)のものである、または利用券の支払い代行機関が支払基金となっていることをもう一度ご確認下さい。

メールフォーム

予約・お問合せ 山下病院健診センター

電話(0586)46-1520 (直通) FAX(0586)45-4515 (直通) 電話受付時間 午前9時00分~午後4時00分 土曜日 午前9時00分~午前11時00分 日・祝は休業