本文へ移動

山下病院

禁煙キャンペーン中!禁煙のすすめ

当院の敷地内では禁煙です。

病院への来院を契機に禁煙しましょう。

喫煙は今や単なる嗜好ではなく、その行為そのものがニコチン依存に関わる病気です。
また、喫煙は単にあなた自身の健康問題だけでなく、以下の行為で他者に迷惑をかけます。
【1】 喫煙をしない人の近くでタバコを吸うと、その煙で他人の健康を害します。
【2】 タバコの吸殻を公共の場、公道、他人の土地に「ポイ捨てする」ことは社会の迷惑となります。

主ながんで、たばこを吸っている人が吸っていない人と比べどれくらいがんにかかりやすいかというと・・・

禁煙の動機について

「禁煙」、「禁煙」と医療者やご家族、会社等が声高に叫んでも喫煙者にとっては「耳に痛い話」かも知れません。1997年5月、ある医療機関の患者さん1,200名程を対象に「禁煙の動機(禁煙のきっかけになること)」について調べたところ、70%の方が「体調を崩したり、健康を害した時」と最多で、続いて「医療者から禁煙を勧められた時」が32%、以下、「周囲の人々の迷惑になると思った時」(16%)、「家族や知人から禁煙するように言われた時、他」(14%)などという報告も出ています。(※割合が計100%にならないのは重複回答含むため)

今一度、喫煙についてご自身の健康や周囲、社会に及ぼす影響について考え、是非実行しましょう!