本文へ移動

消化器病診療体制

消化器外科(腹腔鏡下手術)

消化器外科の診療

当院では胃がん、大腸がんにも積極的に腹腔鏡下手術を行っています。

詳しく見る

小倉豊医師・宇山一朗医師紹介

当院の医師紹介です。

詳しく見る

腹腔鏡下手術とは

腹腔鏡手術は施設によっては内視鏡手術とも呼ばれています。

詳しく見る

小さな傷の胃の腹腔鏡下手術

これまで当院で行った腹腔鏡下胃切除は約400例であり、大腸がんの腹腔鏡手術と同様、日本内視鏡外科学会の技術認定医3名がすべての腹腔鏡下の胃がん手術に携わっています。

詳しく見る

小さな傷の大腸の腹腔鏡下手術

当院でのこれまでの大腸がんに対する腹腔鏡手術は約1100例であり、日本内視鏡外科学会の技術認定医3名が手術に携わっています。

詳しく見る

小さな傷の胆嚢の腹腔鏡下手術

腹腔鏡手術は1987年にフランスで胆嚢結石症の患者さんに臨床応用されてたのが始まりです。

詳しく見る

腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術

鼠径ヘルニアの腹腔鏡下手術は、胃や大腸や胆嚢での腹腔鏡下手術のやり方は全く同じです。

詳しく見る

内科と外科の合同手術(LECS)

腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除術(Laparoscopy Endoscopy Cooperative Surgery: LECS)

詳しく見る