本文へ移動

消化器病診療体制

消化器内科(その他)の検査

EUS(超音波内視鏡検査)

超音波検査装置のついた内視鏡を用いて、消化管さらに胆のう、膵臓などの腫瘍などを詳しく調べるものです。超音波内視鏡検査は専門的な検査であり、鎮静剤を用いて行います。

カプセル内視鏡検査

主に小腸を調べる検査です。

小腸ダブルバルーン内視鏡検査

尺取虫の様な機能の内視鏡で、小腸を調べる検査です。

小腸画像 上部から挿入 下部から挿入

超音波検査、造影超音波検査、CT検査(単純・造影)

造影超音波検査は、卵アレルギーの患者さん以外で、CTやMRI 等の検査で造影剤を使うことが出来なかったアレルギーの方や、腎臓の働きが悪い方にも安全に行える検査法です。

肝臓、胆のう、膵臓を調べる検査

超音波とCTだけでなく、より専門的な超音波内視鏡、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)、PTC(経皮経肝胆管造影)、血管造影、胆道・膵管内視鏡等を行っています。

腹部超音波検査

造影超音波検査 造影超音波検査で見つかった肝臓癌

低速の血流を写した超音波検査で見つかった胆のう癌

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)内視鏡を使って胆管、膵管を調べる検査 胆道内視鏡 腹部CT検査

CTによる三次元画像 腹部血管造影検査