本文へ移動

消化器病診療体制

小さな傷の胆嚢の腹腔鏡下手術

適応・変遷

小さな傷の胆嚢の腹腔鏡下手術

腹腔鏡手術は1987年にフランスで胆嚢結石症の患者さんに臨床応用されてたのが始まりです。その後、この手術は爆発的に世界中に広まりました。日本では1990年に第一例目が行われており、今や開腹胆嚢摘出術にかわって胆石症や胆嚢ポリープの手術の第一選択となっています。当院では1991年にこの術式を導入しこれまで総手術件数は約1300例です。

また、2009年からはお臍の1つの傷から手術器具をお腹の中へ挿入して行う単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術を導入し6年間での手術件数は約200例です。小さな傷が1つになったことで患者さんの回復はより早くなりました。今後、手術器具や手技の向上によってこれまでの4つの傷で行う腹腔鏡下胆嚢摘出術にとって変わっていくと思われます。

お腹の中に強度の癒着がある方、また胆嚢に炎症が強度にある場合は従来の4つの傷で行う腹腔鏡下胆嚢摘出術あるいは開腹での手術となることがありますのでご相談ください。

腹腔鏡下胆嚢摘出術

単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術

単孔式は文字通りひとつの穴から手術を行うというものです。そのひとつの穴はお臍そのものに開けますので、術後どこを切ったか殆ど分かりません。

手術症例数推移

手術症例数推移